アメリカ宝くじはスケールが違う【税金に注意!600億当選の落とし穴!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

宝くじで3億円当選したら…
と夢のような妄想をしている私ですが

世界は広い!
アメリカでは約600億円(5億9千万ドル)を当選した人がいるんです!

え???600億円?
アメリカの宝くじって600億円とかケタ外れの当選金なんですね!w
(ちなみに、日本の宝くじの当選金額上限は8億円だそうです)

でも、この場合、翌年の税金がヤバいんじゃないの?

いやいや…
宝くじって日本の場合だと税金がかからないから非課税なのでは?
デモ…アメリカの宝くじだし税金がかかるのかも

と、色々と気になったんで調べてみました!
(もしかしたら今後アメリカの宝くじも買うかもしれないしね♫w)

宝くじ 税金 アメリカ 600億

 

スポンサーリンク

という訳で今回は、、、

  • アメリカの宝くじで600億円当選したが…税金はいくらかかるの?
  • 日本にいながらアメリカの宝くじは買えるの?

について書かせて頂きます。

 

アメリカの宝くじで600億円当選したが…税金はいくらかかるの?

日本の宝くじと同じで
アメリカ宝くじもいくつかの数字を選び
選んだ数字が当たれば当選金がもらえるというシステムです!

日本のロト6の場合だと
「1〜43」の数字の中から6個の数字を選びますが

アメリカ宝くじの場合
59個の数字(白いボール)から5個
35個の数字(赤いボール)から1個

合計6個の数字を選び
全ての数字が揃えばジャックポット!

ちなみに5個の数字が当たった場合
パワーボールと言って「約1億円(100万ドル)」の
当選金をゲットできます!

 

2013年5月18日に
この6個の数字をピタリと当てた人が
約600億円(5億9千万ドル)の当選金をゲットしました!

すごい金額ですよね!!!

日本のロト6とは比べ物にならないくらいの確率と当選金額…!

 

600億円もあったら
一生遊んで暮らせるーーー!と思いがちですが…
気をつけて頂きたいのがアメリカの宝くじは日本の宝くじとは少し法律が違います

 

例えば
日本の場合だと宝くじの当選金額は
一時所得にはならないので非課税扱いになります。
3億円当選すれば3億円まるまる受け取ることが可能なのです。

が!!!

アメリカだと
当選金額600ドル以上の場合は税金が発生します!!

 

Oh!!!No〜〜〜!!!

連邦税 25%
州税 5〜6%

と、約30%もの税金を支払わないといけないので
600億円当選した場合…

約180億円が税金となり
手元に残るのは420億円になるんです!!!
(それでも420億円手元に残るのだから羨ましい…w)

さ・ら・に!

アメリカの場合
宝くじの当選金額は「一時所得」扱いになる為
他の収入と合算して確定申告をしなければなりません!

これを怠ってしまうと「脱税」となってしまうのでご注意くださいね!

その国の宝くじには
その国のルールがあるので
税金関係の事はしっかり把握しておきましょう!

 

スポンサーリンク

日本にいながらアメリカの宝くじは買えるの?

「私もアメリカンドリーム掴みたいぜーー!」

と、アメリカの宝くじを購入できるのか調べてみました!

 

結論から言いますと…
日本にいながらオンラインでアメリカの宝くじを購入することはできません!
え???え???

刑法187条第3項の「富くじの授受」にあたって違法となるのでご注意ください!

「宝くじ」は「宝くじ」で同じものだと思いがちですが
日本の宝くじと海外の宝くじとでは全くの別物です!

また、
アメリカの宝くじ購入します!というサイトもあるみたいですが
悪用されたり、購入したけど届かない?など
騙されるということも多いみたいなのであまりアテにしない方が良いかと思います。

「いや…それでもアメリカの宝くじを購入したいんだ!」

という人は
直接、アメリカに旅行へ行った時に買ったり
出張先やハネムーンの時に現地で購入する分には問題ないので
「どうしても!」という方は行ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

という訳で
今回はアメリカの宝くじの税金
600億円当選した話などをさせて頂きました。

 

同じ宝くじでも
国によってはルールや法律もあって
なかなかややこしいんですね!w

私も勉強になりました!

是非、参考にして頂けたらと思います!

【あわせて今すぐ読んでおくべき記事】

日本の宝くじ高額当選者【税金は翌年取られる?】要注意!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す