結婚式の費用【平均相場】ゲスト人数から計算!節約ポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

結婚式 費用 平均 相場

結婚が決まったぁ!結婚式を挙げるにあたって、
やっぱり気になるのが費用ですよね…!

みんないくらぐらいかかっているの?
何人招待すればいくらぐらいになるんだろう?
ケチとは言わないで!節約できるんならしたい!

結婚式は大きなお金が動くものです。
一生に一度の結婚式ですが正直、平均相場や費用なども気になるところ…。

式場を決める前にそのあたりについてざっと調べてみました!
今から挙式を控えてるあなた!必見です!

 

スポンサーリンク

結婚式のゲストが40人前後(少人数)の費用は?

結婚式の費用の相場は、
基本的には招待客の人数によって変動すると言われます。

ゲストの人数が少ない(50人以上)場合には、
基本費用は100万円!

ゲストの人数が多い(51人以上)場合は、
基本費用は150万円と、
ゲストの人数1人当たり2万円の合計がおおよその結婚式費用の相場となっています。

 

ゲスト40人の結婚式の相場と実際にかかった平均費用は…

(相場)100+2×40=180  180万円

(平均額) 約152.8万円

(予算と実際の費用の差) -10%~+40%

 

ゲストが60人前後の結婚式の場合の平均相場は?

(相場)150+2×60=270  270万円

(平均額) 282万円

(予算と実際の費用の差) -10%~+50%

 

ゲストが40人の結婚式と比べたら
ボーーーン!と値段は跳ね上がるものですが…

その分、ご祝儀も返ってくる訳で
ゲストへの料理コースによってはトントンになった!という人もいるみたいですね!

 

ゲストが100人超の平均相場と費用は?

(相場) 150+2×100=350 350万円

(平均額) 570万円

(予算と実際の費用の差) -35%~+50%

 

全体的に、予算に対して実際には2~30%は多くかかっている場合が多いようです。

ゲストの人数が多いほど、
予算に対しての実際の額の変動も大きくなっています。

また、人数が多くなるほど大きな式ということになるので、
結婚式にかける費用に余裕のある人が多いような印象を受けますね。

 

結婚式の費用を少しでも抑える為の節約ポイントは?

結婚式を挙げる上で、何にお金がかかっているのか?
削れるのは?そのあたりをまとめてみましょう。

 

1.結婚式場任せにしない!

結婚式で準備する小物などは、式場が手配してくれるものが多くあります。
例えば…リングピロー・招待状・席次表・ウェルカムボード
ウェディングブーケ・ギフト類、写真、ビデオ、細かいものを合わせるとまだまだ出てきます!!!

 

そして、これら一つ一つがけっこう割高。
なので、自分で手作りするなどして準備できるもの、
友達や知り合いにお願いできるもの
また、ネットで調べて値段をおさえられるもの!

そういうものがあれば優先的にそちらを利用することで
値段はぐっとおさえることができます!

 

ただし、式場によっては持ち込み禁止!という場所もあるので
ブライダル担当者にまずは確認しておきましょうね!

 

2.ドレスは、どこまでこだわるのか決めておく

ウェディングドレスのレンタル料は、
基本料金プランの中に含まれていることが多いのですが
そのプランの中で着られるドレスは数が少なく
流行りのものは入ってなかったりします。

 

そこで、プラン外のものを選ぶと…
20万円以上の追加料金が発生することが多いんですよ!!

一生に一度のウェディングドレス…。
試着を重ねるほど目移りするもの。

でも、結局
◯◯さんの結婚式ではこんなドレスを着ていた!
なぁ〜〜んて誰も覚えてないもんです!笑

個人的にはある程度の妥協は必要かな???と。
イメージを固め、冷静に判断するように心がけましょう。

 

3.経験者の意見を聞く

いざ、自分が式をするとなると、
プランナーさんからはどんどん提案が出されて
「必要か?」「必要でないか?」の判断もできなくなってしまいがちです。

そういう場合は、結婚式経験者の意見を聞きましょう!

「あれは、やればよかった。」とか、
「私は、これをやったけど、ぶっちゃけ、いらなかったかなーと思う」
などの話が聞けると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

結婚式には、色んな憧れを持つ人が多いと思います。
その憧れをどこまで盛り込んだらどれぐらいの金額になるのか?

夢と現実を目の当たりにすることで、マリッジブルーになる…という話はよく聞きます。

また、そこで改めて新郎新婦の価値観も確認できたりするものです。
冷静に判断するために、準備には余裕をもって進めて
自分たちの合った結婚式を挙げれたらなと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す