2016年 地震予知【村井教授は東京】の意外な場所を予言!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地震予知 2016年 村井 2月 東京

2016年1月の頭には、
東京や神奈川、茨城、栃木などの関東地方を中心に
「なんか地響きがする!」という地震前兆現象が話題になったり
ベッキー&SMAP騒動に乗っかった関西地方での地震予言などと
2016年も1月から話題が尽きませんが、

地震予知情報は、やっぱり専門家の情報が一番です!

2015年も数々の地震を的中させ、
メディアでも話題になった東京大学の名誉教授村井氏は、
2016年の地震予知情報をどのように発表しているのでしょうか?

村井教授 2016年2月の最新地震予知情報は東京のココ!を最警戒!?と題し、
村井教授が顧問を務めるJESEA探査機構の最新情報に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

2015年の地震予知的中率100%!?

東京大学名誉教授で、
測量学の分野では世界的な権威である村井俊治氏。

彼が顧問を務めているJESEA地震探査機構は
MEGA地震予測と題し、まぐまぐなどでメールマガジン(通称メルマガ)を発行しているわけですが
なんと2015年を振返ってみると、的中率100%なのだとか!

100%と言っても、
日本で発生している地震すべてではなく、
震度5弱よりも大きな地震について。

それでも凄いですよね!

2015年に発生した震度5弱の地震をまとめると、、、

  1. 2月6日に徳島県南部でマグニチュード5.0
  2. 2月17日に岩手県でマグニチュード5.7
  3. 5月13日に宮城県でマグニチュード6.8
  4. 5月22日に奄美大島近海でマグニチュード5.1
  5. 5月25日に埼玉県北部でマグニチュード5.5
  6. 5月30日に小笠原諸島でマグニチュード8.1
  7. 6月4日に北海道釧路南部でマグニチュード5.0
  8. 7月10日に岩手県内陸でマグニチュード5.7
  9. 7月13日に大分県南部でマグニチュード5.7
  10. 9月12日に東京湾でマグニチュード5.2

 

調べてみると、
上記10件の大地震を
すべて予言?予知していたのだとか!

凄過ぎるでしょ!

 

村井教授2016年2月は東京がヤバい?

JESEA(ジェシア)は、
電子基準点での差異を図るという測定法で
村井名誉教授が確立したわけですが、

その村井教授によると
2016年も2月・3月・4月と
地震を警戒すべき時期に入って来ているというのです。

2016年に入り、
中でも村井教授が注目しているのが、
東京都なんです!

東京都と一言でいっても、
八王子から品川、新宿、渋谷、原宿などの有名どころではなく、
伊豆諸島がヤバいらしいです。。。

2015年5月の小笠原諸島沖の地震から
かなり静かな時期がつづいていますが、

ココに来て、
どうやら伊豆諸島が要警戒レベルのようです。

首都直下型地震を警戒する人が多いようですが、
関東地方であればどこであっても大きな地震が起こる可能性はあります。

また、
ちょっと離れたところで地震が起きる程度であれば大丈夫だろ?と思うかもしれませんが、
地盤がそんなに盤石ではないということで、遠くても意外と揺れるとか!

 

スポンサーリンク

2016年2月に限らず近々大地震が来そうなのは、、、

ということで、
2016年は1月も2月もそれ以降も
日本全国でまだまだ地震に警戒していかなければならないわけですが、

最新のMEGA地震予測によると、
2016年1月 2月は中国地方が要警戒地域のようです!

 

首都直下型地震や
関西地方での地震、
北海道地震、東海大地震、南海トラフなど
様々な地震について言及されていますが、

東大村井教授によると、
警戒すべきは鳥取県、島根県、広島県、山口県、岡山県で構成される中国地方なのだとか!

一見地味ですし、
あまり注目されていないかもしれないですが、
島根県とか鳥取県はちょいちょい地震発生していますので注意が必要ですね!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. リキ より:

    まじで地震予知はオカルト
    意味なし

コメントを残す