【次々的中でヤバい!】早川氏の『最新地震予知は要チェック!』2016年3月はココ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地震予知 早川 最新 2016年 3月

地震解析ラボの早川正士さんをご存じでしょうか?

地震予知、地震前兆、地震予測などの分野に興味がある人であれば、
一度は名前を聞いたことがあるかと思いますが、2015年のテレビ出演をキッカケに
東大の名誉教授である村井俊治教授とともに一般にも有名な地震予知学者となりました。

そんな早川教授の2016年3月最新地震予知情報をシェアしたいと思います!

 

スポンサーリンク

早川教授が地震予知業界で有名になったキッカケとは?

地震予知を専門に日々研究をしている学者は数多くいると思うのですが、
中でも日本の中で飛びぬけて知名度が高いのは東大の村井教授と電気通信大学の早川教授ですね。

両者に共通しているポイントは、
インパクトの大きな大地震の地震予知を的中させていることなのです。

今回、
2016年3月の最新地震予測データをお伝えする早川教授に関しては、
2015年5月30日に発生した小笠原諸島でのマグニチュード8.0を超える大地震を的中させたことで
一気にテレビや雑誌、ネットニュースサイトの注目を集め、一躍地震予知界時の人となったわけです。

テレビに出演し、
名前を売っていくためには
インパクトを残さなければならない!ということで
結構大変だなぁ―という感じなのですが。

なぜ、
彼ら地震予測学者は
メディアに出る必要があるのでしょうか?

私が考えるに
ポイントは2つあるかと思います。

1点目は、
多くの人が災害から逃れて欲しい。

普通の人であれば当たり前かと思いますが、
地震が来ることを予知していて、自信があるのであれば
そりゃ、発信して1人でも多くの人を助けたいと考えるものですよね?

 

2つ目は、
『研究費』の問題です。

何百万人にもの人に
大きな影響を及ぼすかもしれない大地震予知ですから、
国を挙げて地震予知を研究したらよいのでは?と思うかもしれませんが
それはそれは、それを出来ない裏事情があるのでしょう!

多くの地震予知研究者は
自費で研究をしていたり、少ない研究費用の中で
少しずつ少しずつ研究費を出しながら、研究の範囲を拡げていたりするわけです。

早川教授もそうですが、
最新の地震予知情報を有料で発信している背景には
この辺の研究費の兼ね合いもあるわけですね。

 

スポンサーリンク

2016年2月&3月最新の地震予知情報はコレ!

ということで、
前置きが長くなりましたが、
地震解析ラボも立ち上げ、日々地震予知の研究をして下さっている早川氏。

2016年2月&3月以降で
大きな地震を警戒すべき地域として、、、

  • 北海道東部千島列島
  • 北海道釧路
  • 小笠原諸島
  • 沖縄

などをピックアップされています。

 

沖縄などは、
ちょいちょい小さな地震が起こっているので怖いですね!

 

Twitterでの最新みんなの意見は?

それでは、
早川教授の地震予知について
一般的な人はどのようにかんがえているのか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

ということで、
早川教授の2016年3月 最新地震予知情報をシェアしました!

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

村井氏の地震予知【最新情報は2016年4月じゃなかった!?】

2016年の地震予知【関西地方でも京都が危ない!?】

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す