投資やギャンブルとは違う【確実にお金を増やす方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

お金を増やす方法 投資 ギャンブル

毎日、毎日
仕事に明け暮れて日々生活している主婦やサラリーマンの方も多いと思いますが、
皆さん、お金を増やす方法はご存知ですか?
そもそも「ギャンブル」と「投資」

違いをも知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今日は
「ギャンブル」と「投資」の違いを学ぶとともに
確実に!お金を増やす方法についてご紹介します!

「またまたー!嘘でしょ?」

と思っている人は
一度、騙されたと思って最後まで読んでくださいね!
きっと、為になる内容だと思います。

 

そもそも「ギャンブル」と「投資」は違う!

そもそも日本人は
「ギャンブル」と「投資」の違いもわからない人が多いと思います。

Wikipediaで調べてみたら…

ギャンブルとは…

「ばくち・賭け事」という意味です。
種類としては…
パチンコ・競馬・麻雀
そして「宝くじ」もギャンブルの一つなのです。

 

一方、投資とは…

「将来の資金の為に金銭を投入すること」という意味です。
種類としては…
外貨預金・個人向け国債・株式投資・FXなどなど…

一度は耳にしたことがあると思います。

 

この2つの大きな違いというのは何なのでしょうか?

簡単に説明すると…

ギャンブルって「運」なんです!
「たまたま購入した宝くじが当選したー!」
「買った馬券の予想が的中した!」

とか…。
たまたま!や運・勘などを頼りに賭けるものが「ギャンブル」なんです!

 

一方、投資は「知識」です!

お金に関する知識を身につけてから
資金を増やそうとお金を投じる。

これが、「投資」です。
なので、知識がないまま株式投資を行ったりするのは
ギャンブルに近いものになりますね!

 

お金を増やす「投資」はリスクがつきもの

「投資なんかするとお金を増やすどころか、お金が減る!」
と、思っている人も多いのではないでしょうか?

お金を増やすにはリスクがつきものです。

 

投資はハイリスク・ハイリターン。

当たれば大きな金額を得ることができる一方、
負ければ大きな損失を生みます。

 

投資家と呼ばれる人たちも
実は勝ったり、負けたりを繰り返しながら
金融の知識をつけて投資を続けているんです。

宝くじを当てるように
一発、大きな金額をゲットするチャンスもありますが
やはり、安定的に
1ヶ月100万円を稼ぎ続けるということは難しいのが現状です。

 

特に、日本人「投資」が大嫌い!
リスクを負うことが怖くてどうしても保守的になってしまいます。

 

なので、
少ない金額でもコツコツ貯金してお小遣い稼ぎ程度でも良いから
減らないように…減らないように…

と、お金を増やす人が多いのです。

 

では、コツコツ!
安定的に!少額でも良いからお金を増やす方法をご紹介しましょう!

 

▼▽▼▽▼▽▼

イオンの公式サイトはコチラから!

▲△▲△▲△▲

 

意外と簡単!?確実にお金を増やす方法とは?

皆さん、現在のメガバンクの普通預金金利をご存知でしょうか?

そう!今の金利って実は
0.001%しかないんです!!!

でも、銀行口座にいくらか入金しておけば
1年間で0.001%の金利がつくから確実にお金は増えますよね?笑

例えば…
100万円を1年間預金していたら10円の利子がつきます。
(少額ですが…)笑

 

でも、小銭をバカにしてはいけませんよ!

 

実はある裏ワザを使えば
この金利が0.12%になるんです!!!

 

それが、『イオンカードセレクト

ジャニーズ

今、イオンカードセレクトを申し込めば
普通預金の金利が上乗せされて0.12%もの金利がつくんです!!!

なので…
例えば、100万円を1年間預金すれば約1200円の利子がつきます!

なんと!120倍もの利子!

 

このコツコツ預金もなかなかバカにできませんよ!
確実に!右肩上がりでお金が増える訳ですからね!

塵も積もれば山となるです!

しかも普通預金なのにこの金利ですから驚きです!

 

近くにイオンモールが無くて利用しない人でも
イオンカードセレクトを持っているだけで
この金利がつくから持っている!という人も多いです。

(もちろん私も持ってます!!!)

 

是非!
キャンペーンもいつ終了になるかわからないので
この機会にチェックしてみてくださいね!

 

▼お申し込みはコチラから▼
(イオンの公式サイトに移動します) 

ジャニーズ

▲△▲クリック▲△▲

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す