結婚式【お呼ばれドレス】あなたは大丈夫?ゲストのマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お呼ばれ 結婚式 ドレス ゲスト マナー

結婚式や披露宴に参列するとき着るパーティードレスには、
一般的にドレスコードといわれる服装のマナーがあります。

知らない間に結婚式でのNGファッションをしている人もいるはず?
今回は結婚式やお呼ばれのドレスマナー、ゲストマナーについて
調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

結婚式やお呼ばれで避けたいNGドレスは?

結婚式でのお呼ばれドレスは華やかなものが基本ですが、
避けなければならないのは、ずばり!白系のドレス!

結婚式では花嫁さんが白のウェディングドレスを着るので、
白は花嫁さんだけの特権なのです。

薄いクリーム色やピンク色も、
写真を撮った時に白く見えてしまうことがあるので、
ゲストは出来る限り避けるようにしましょう。

 

見落としがちですが、
ボレロなどの羽織物が透け素材ではなく
これらの色の場合も同様に、写真には白く映ってしまうことも…!

特に座っているときは上半身しか映らないため、
羽織物の色にも気を付けましょう。

 

極端に露出の高いドレスや体のラインが出るようなドレスはNGです。
マナー違反ですね。
スカートは膝丈程度、タイトなものは避けましょう。

挙式での露出はタブーなので必ずボレロなどを羽織ってください。
ゲストの年齢層が高い場合には特に注意が必要です。

ただし、夜の時間帯の披露宴に限っては、露出が多くてもOKです!
それは、夜間用の正装ドレスであるイブニングドレスは、
ロング丈スカートに背中や胸元が大きく開いているためです。

 

ファー(毛皮や革素材も)は不衛生である為、ふさわしくない!
とされていますが、
最近は、ゲストの小物に関してはそれほど気にしなくてもよいうのでは?
という意見もあるようです。

こちらも、年齢層が高い場合は避けた方が無難です。

 

リクルートスーツや着物以外の他国の民族衣装も、
結婚式の場ではふさわしくないので避けましょう。

黒いドレスは、着用してはいけないわけではありませんが
全身黒はよくありません。

バッグや靴などの小物は色物や光物を合わせて
華やかさを加えてみてはいかがでしょうか?

バイカラーのドレスも、
フォーマルでは単色が基本とされているので出来れば避けましょう。

 

また、お色直しで花嫁さんのドレスの色と被ってしまった!!!
という失敗の無いよう、
事前に花嫁さんにお色直しのドレスの色を聞いておいてもいいですね!

 

意外と知らない!?ゲストのマナーやNG行動とは?

結婚式やお呼ばれで恥をかく前にこれだけは知っておきたい!
NG行動・NGマナーを紹介致します。

 

1.大声で騒ぐ

披露宴は食事やお酒が出て楽しく盛り上がるものですが、
必要以上の大声や騒ぐのはマナー違反です。

 

2.遅刻する

当然遅刻は厳禁です!
交通事情等でやむをえず遅刻しそうな場合は自分で会場に連絡を入れましょう。

 

3.飲みすぎ、他のゲストにからむなどの迷惑行為

こちらも当然ですが、
新郎新婦に迷惑がかからないよう節度を守って行動しましょう。

 

4.子どもが騒ぎすぎる

結婚式は、基本的には大人中心のパーティーです。
ゲストが全員子供への理解があるのであればよいですが、
子供が騒ぐことで場の空気が悪くなるのは新郎新婦もゲストも避けたいです。

お子様同伴のゲストは、
子そもが泣いたり騒ぐ場合には
同伴のゲストが自主的に会場外へ連れ出すのがマナーです。

 

ズバリ!結婚式やお呼ばれで恥をかかないドレス選びのポイントは?

押さえておきたいドレス選びのポイントまとめです。
結婚式へ向かう前に、今一度チェックしてみてくださいね!

 

ドレスカラー

白は厳禁!
羽織物も含め、全体が白っぽくならないように気を付けましょう。

 

着丈

基本は膝丈。
ひざ上5㎝以上はNGマナーです。

 

露出

夜を除いて肩の露出はNG。
羽織物を羽織り露出を控えましょう。

 

ストッキング

基本はベージュ。ワンポイントはOK。

 

基本はパンプス。
オープントゥ、バックストラップはOK。

ブーツ、ミュールはNGです!

 

アクセサリー

パールが基本。
華美なクリスタルや金色のアクセサリーはマナー違反です。

 

髪型

基本はアップスタイル。
ダウンスタイルでも美容室でのセットをお勧めします!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ドレスコードは結婚式以外でもお呼ばれや謝恩会、二次会などでも指定されることがあります。
ポイントは知識として知っておいて損はないと思いますので、
もう一度確認していただくことをおすすめします。

結婚式は、
新郎新婦のための大切な時間です!

ゲストとして出席している私もですが、
新郎新婦が恥をかかないように!という気持ちで出席していただきたいと思います。

皆様の参考になればと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す