女性【適切なひげ処理の頻度は!?】意外と知らない大きな罠!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女 ひげ 処理 頻度

女性の多くの人が密かに悩みをかかえている「ひげ」問題。

「ひげ」って男性特有のものだと思っていましたが、
今、女性にだって普通にひげが生えます!!
(実は私もその一人…。笑)

 

でも、あまり自己処理をしすぎてしまうと
濃くなったり太くなったりするのでは?と心配な人も多いのでは?

という訳で今回は
女性のひげ処理の頻度について

  • 女性が悩む「ひげ」処理問題【剃る??抜く??】
  • ひげ処理の頻度が多くなるとどうなる?
  • 女性の適切なひげ処理の頻度は?

上記3つについて調べてまとめてみました!
是非!気になっている人は最後まで目を通してくださいね!

 

女性が悩む「ひげ」処理問題【剃る??抜く??】

 

今、女性はメイクや洋服のコーディネイト次第で
いくらでも可愛く!美しくいられる時代ですよね!

ですが…
やはり「毛」の問題はずーーーっとつきまといます。笑

 

私も、もともと毛深い方でずっとコンプレックスでした。

なので、成人してからは自分で貯めたお金で
脇の脱毛をしたり全身脱毛したりとサロンへ通っていました!

 

が…最近、気になっているのが
「口周り」のひげ!!!

 

特に鼻のしたのひげは剃ればそるほど
濃くなってきてる気がして恐ろしいんですよ!!!

もやは、化粧で隠せないのではないか?とビクビクしているくらいで
あまり男性と近距離で会話をするのとか本当に怖くて…。笑

 

ちなみに、
とあるアンケート結果によれば
女性の80%以上の人
実は、ひげの自己処理をしているんですって!

 

女 ひげ 処理 頻度

 

しかも、ほとんどの人が
「カミソリで剃る」処理方法なんだとか。

中には抜いて処理する人もいるみたいですが
ほとんどの人は痛みもなく、すぐにできる処理方法ということで
「ひげをカミソリで剃る」という選択をしているみたいです。

 

では…

もし、ひげ処理の頻度が多くなるとどうなのでしょうか?
考えられる問題点を挙げてみたいと思います。

 

 

ひげ処理の頻度が多くなるとどうなる?

 

  • ひげは毎日剃る。
  • 1週間に1度剃る。
  • デートや大事な日の前日にだけ剃る。

ひげの気になる頻度や
生えるスピード・濃さ・太さはやはり個人差があります。
なので、頻繁に剃る人もいれば
滅多に剃らないという人もいます。

 

では、もし毎日のように

ひげ処理の頻度が多くなるとどうなるのでしょうか?

 

濃く・太い毛が生えてくる可能性が高い

 

そもそもカミソリなどで剃ることはあまりお勧めできないのですが、
もし、間違った方法でひげ処理を続けてしまうと
どんどん強く!たくましい太い毛が生えてきます。

原因としては、間違った方法でひげ処理を行なった場合、
皮膚まで削ってしまい
更に皮膚を守ろうとするからと言われています。

 

鼻の下が黒ずむ

 

女 ひげ 処理 頻度

頻繁にひげ処理を行なった場合、
色素沈着してしまい
鼻のしたが黒ずんでしまう可能性もあります。

できればカミソリではなく
電気シェーバーなどで処理するのをオススメします。

 

 

じゃぁ…

頻繁にひげ処理できないんだったら
どれくらいの間隔で剃ればいいの???

 

と困った人も多いのではないでしょうか?

次でご紹介しますね!

 

女性の適切なひげ処理の頻度は?

 

男性だとほぼ毎日のようにひげ処理をしていると思いますが、
では、女性はどうなんでしょうか?

女 ひげ 処理 頻度

 

皮膚や毛のダメージを最小限に抑えるために
ベストだと言われているのは
1週間に1度以内。
と言われています。

 

本当は剃らない・処理しないのが一番なのですが
やっぱり、ふとしたときに
「ひげが生えてるーー!」って思われるのもイヤなので
処理しない訳にはいきませんよね…。笑

 

大体、ベストな頻度としては
1ヶ月に3回から4回程度が望ましいですね。

 

もちろん個人差があるので
何とも言えませんが、毎日処理するよりかは
皮膚へのダメージも少ないですし
色素沈着や濃い・太い毛も生えにくいと思います。

 

どうしても!
どうしてもヒゲが気になる!という人は
脱毛するという選択肢もあるので検討してみてはいかがでしょうか?

 

☆気づいたときがはじめどき!☆

あなたの『毛』見られてますよ…!!!

100円  ▲△▲クリック▲△▲

 

参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

 

関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す